トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

2016 りんたこLimitedカラー 解説

2015.12.上旬

岩崎 林太郎

リッジ35F/SS、ゾエア49Sに関しては、メバルに効くルアーということで鉄板のクリア系カラーは既に充実していると考えました。
そこで僕なりに「こんなカラーがあったら…。」という想いがあり、今回それを形にしてもらいました。しかし、それはあくまで表向きのお話(笑)。実はそれぞれに裏設定があるのです・・・。


L-114 カロライナジャスミン
このカラーはシチュエーションにより可変的にマッチします。ナイトゲームではアピールが強めで、闇磯などでも魚の視界にバッチリ映ります。デイゲームでは意外にも海水に馴染むので、見た目の割に魚をスレさせません。

L-115 ソルティドック
デイゲーム・ナイトゲーム双方において見やすいカラー。その視認性を活かし、サイトフィッシングで楽しむのが狙い。トゥイッチに食わせの間を入れれば、海中で白く見えていたルアーがパッと消える・・・この瞬間がたまりません!

L-116 ブラックダイアモンド
逆モヒカンの黒でシルエットを明確に出し、その隙間から光を取り入れてアピール。シルエットが良く出ているフック回りに魚がズドン!釣りの最中、「ショートバイトが多いな・・・。」と感じた時こそ使っていただきたいカラーです。


それぞれカラーの解説は、以上となります。メバルにどっぷりハマッている方は、やはりパッと見でブラックダイアモンドが欲しくなるところでしょう(笑)
フッキング率が向上しますので、ショートバイト対策として使っていただくのも良いと思います。しかし、僕は様々な場所でこの3色をテストしましたので、意外な発見をしております。

特に、カロライナジャスミンとソルティドックの2色は管理釣り場でメチャメチャ釣れます!(ホントは海で本領発揮してほしいのだけど・・・。笑)
その場合はフックをシングルバーブレス(クランク用がベスト)にしてご使用下さい。
また、ココだけの話ですが、この2色については裏ターゲットがあります。
カロライナジャスミン・・・。実はこれ、鯛が好むカラーなのです。まあ、よほど通なアングラーが見れば「やはりそうか。」とうなずくのでしょうけど(笑)

こちらは以前、鯛狙いでマイボートを出した際、キャロと併用して狙い通りの釣果が出ております。同行した友人も、

「本当にプラグで鯛が釣れた!」

と、驚いていたのが印象的でした。この感動を味わうためだけに作ったカラーといっても過言ではありません。

一方、ソルティドックの裏ターゲットはアジ!
「プラグでアジ?」と思う方も多いでしょうが、ジップベイツファンの方なら分かっていただけますよね(笑)
何もワーム以上に釣ってやろうとか、そんな大それた話ではございません。ただ、プラグでアジを釣りたいと考えた時に、ワームの実績カラーと視認性のバランスを考慮しながら作られたカラー。それがソルティドッグです!
アジは基本、アクション後に当たってきます。このカラーは白く見やすいですから、〝海中で白が消えたらアタリのサイン!〟といったように、サイトで使えば更に面白いと思います。

是非とも2016年りんたこカラーの3色を手に取っていただき見比べてみてください。
そこで僕が意図した上記のような説明だけでなく、「あのシチュエーションで使ってみたい!」というイメージが浮かべば幸いです。



スタッフレポート 岩崎 林太郎
岩崎林太郎ブログセレンディピティ
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ