トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

釣り初めは山形県でハタハタパターン

2017.01.06

山形県 港湾部岸壁

佐々木 翼

ハタハタパターンシーバスで釣り納めてから、新年最初もやはり盛況を見せているお隣の山形県でハタハタパターンシーバスを狙いに行ってきました。やや波高のあるタイミングを見計らっての2017年初釣行。

満潮から下げの頃合、潮が動き出すのを待ちます。
ハタハタを捕食するシーバスの為、ビックベイトで狙うのが定番とされるハタハタパターンシーバス。ここで使用したのがZBLシステムミノー15HD-S。

沖から潮の流れを感じ始め、潮の流れにルアーを噛ませてラインを張らず緩めずリトリーブ。
〝何か〟が触ったり、違和感があればラインを少し送り込む。流れが緩く、とても渋いコンディションでしたが・・・これがこの日のヒットパターンでした!

ポイントに立てる日が限られる冬の海ですが、居残りのハタハタがいる限りパターンは続くと思います。
ZBLシステムミノー15HDシリーズで狙うハタハタパターンシーバス、狙ってみてはいかがでしょうか!?



スタッフレポート 佐々木 翼
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ