トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

真冬のランカーシーバス

2017.01.16~17

愛知県 知多半島

設楽 元喜

新たなフィールドを求め、愛知県・知多半島へ。

各フィールドを周り、少し気配を感じたので気になり、ロッドを出してみます。
月夜の中ZBLシステムミノー15HD-S パフォーマンスチャート/GBを数投し、歩いて移動。
しかし産卵回復前半、少しシビアなシーバス。

その様な時に使用するカラーが「紅/ホロリウム」
カラーを変更して潮目を探し、キャスト。緩やかにデッドスローで流れに乗せていきます。
その一投目、バイト!重い!!

まあまあのサイズ感。
ゆっくりかつ、強いやり取り。

顔を上げるまで、水面直下で体力の消耗を促します。
そして水面に上がった所で、キャッチ。最高の一瞬を感じつつ、時間となって納竿としました。
本当に、嬉しい一匹。しかしこれは序章に過ぎず・・・

翌日。
再現性を確かめるべく、再び知多半島へ。前日に比べると潮は小さくなり、当然弱くなります。
気配感もいまいちの為、前日とはアプローチを替えて、まずは強めのZBLシステムミノー15HD-Sパフォーマンスチャート/GBから。

いつもなら2~3キャストでローテーション。しかし少し念入りに、5キャストくらい。
・・・バイト無し。
次にナチュラルに近い、デイ・ナイトシャイン/BK。
沖にキャストし、弱い流れに同調させるようにリトリーブ。

そして、前日より遥かに重い、バイト!
潜らせない、浮かせない、手前へ突っ込ませない。

11フィートのロングロッドを駆使して前日同様、体力の消耗を促してゆっくりネットイン。
カラーローテーションにより明らかに魚がカラーを選び、そしてバイトに繋がった1匹。

前日より一回り以上サイズアップの嬉しく、貴重な1匹。
新たなフィールドと再現性を確認し、そして今後に期待しながら終了としました。

知多半島の可能性。まだまだ、「あそこは!?」と思う所が数か所あります。
時間は掛かると思いますが、地道に続けて行きます。



スタッフレポート 設楽 元喜
設楽元喜ブログ懲りないもっくん
RODG-CRAFT セブンセンス モス北西リミテッド(MLS-1102HS-TR)
REELダイワ イグジスト3012
LINEPE1.2号
LEADERフロロ20lb
LURE(1)ZBLシステムミノー15HD-S 紅/ホロリウム
LURE(2)ZBLシステムミノー15HD-S デイ・ナイトシャイン/BK
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ