トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

冬のサーフゲーム

2017.02.08

高知県 サーフ

常光 健

2月のサーフは年間を通して最も水温が下がり、釣果も安定しない季節。
1匹の魚と出会う事もままならない季節ですが、この時期に狙えるターゲットとしてはシーバスをはじめ、ブリやヒラメといった、ファイトや食味でアングラーを楽しませてくれる魚が狙えます。
そして極寒の早朝や夕方など、それらを狙ったアングラーが日々サーフに立つ季節でもあります。

これら釣果はベイトフィッシュの存在に影響されることが非常に強く、ノーバイトの日も珍しくないのですが、今シーズンはコノシロが居ついているようで、例年と比べると比較的コンスタントに釣果が聞かれていました。

前日の夕方にサーフに入ると、かなりの沖合でベイトフィッシュが何かに追われている様子が見られたため、タイミング次第でチャンスがあると思い、翌朝暗い内からサーフにエントリー。
水平線と朝焼けがシンクロし、幻想的な雰囲気の中、ZBLシステムミノー139F(クリスタルマレット/FL)を結び、キャストを続けていると「ゴゴン!」と強烈なバイト。
瞬発力のある走りと幅のある首振り抵抗から、すぐに良型の青物と分かりました。障害物のないサーフでのゲームでは走らせ、ゆっくりとファイトする事で強烈な引きを長い時間楽しむことができます。
この日もシーバスタックルで挑んでいたため、磯でのガチンコファイトとはまた一味違った青物とのファイトを楽しむことができました。

これからのサーフゲームは稚鮎の遡上によりフィシュイーターの活性も上がってくると思われます。季節も春めき、寒さも幾分か和らいできますので、良い魚との出会いを見つけに出かけてみてはいかがでしょうか?


スタッフレポート 常光 健
RODM&N CORPORATION CPS-102EX-TZR
REELダイワ セルテート2510PE-H
LINEバリバス アバニシーバスMAXパワー PE1.0号
LEADERバリバス VEPショックリーダー 35lb
LUREZBLシステムミノー139F (クリスタルマレット/FL)
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ