トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

好釣果の鍵は「沖」攻め!

2017年6月12日・14日

山形県のサーフ

富樫 力

5月中旬、サーフにはまだ大きなベイトが居ないのでリッジ70Sとザブラシステムミノー9Fを使用して、それなりの釣果を得ていました。しかし6月に入り悪天候の影響で海が荒れ始めると、千切れたホンダワラ(海藻)が波打ち際に多く漂うようになり、折角ヒットしてもフックが小さいのでホンダワラに絡まってフックオフが連発して釣りが成立しなくなりました。

そこで6月12日は飛距離が望めるザブラスライドスイムミノー85を選択(フックサイズが#6と大きいのも好い)。打ち寄せられたホンダワラをオーバーテイクして沖で掛ける作戦にでました。波高2.5mが1.2mに下がったタイミングで釣行すると、読みが大当たりして、1キャスト1ヒットの入れ掛かり。魚をスレさせないようカラーを替えたり他モデルも試しましたが、ヒットするのはザブラスライドスイムミノー85の闇鰯カラーのみで、丸呑みしてくる活性の高さです。群れも大きかったのか50cmから80cm近いのまで13尾の爆釣劇。私から情報を得た釣友は翌13日に釣行して8尾の釣果。

所要で13日に釣行できなかった私は、14日に再び釣行。サーフは無風ベタ凪ド干潮で釣れる気がしませんでしたが、今まで海中に漂っていたホンダワラが凪の影響で海底に沈んでいたので、探り方次第で釣れる可能性はあると感じました。闇鰯カラーで散々釣ったので、今夜は別のカラーを試しましたが、状況が渋いので各色反応無し。今宵はボーズかと覚悟しましたが、闇鰯よりボディ反射が効きそうなホロシルバーシャインフレークを使ったところ2尾をキャッチすることができました。渋い状況でしたから今宵も他モデルを試したのですが反応が無く、ベタ凪ド干潮だけに遠投が効いて沖合を攻めることができたザブラスライドスイムミノー85にのみ当たったのでしょう。

シンキングペンシルは引き抵抗が少ないので、それで釣った経験が無い方だと「こんなんで本当に釣れるのか?」と疑心暗鬼になるかと思いますが、とても良く釣れます。ザブラスライドスイムミノー85を是非お試し下さい!
LUREザブラスライドスイムミノー85
COLOR779 闇鰯、698 ホロシルバーシャインフレーク
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ