トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

色選択も重要!サーフシーバス

2017年6月中旬

山形県のサーフ

富樫 力

週末のサーフは凪いで白波が消えていましたが、ザブラスライドスイムミノー85が大活躍でした。小潮の下げ潮での釣行で、潮の動きが鈍く活性は低かったものの、沖に遠投してからスローリトリーブでブレイクラインに差し掛かると反応がありました。ショートバイトで乗らない時は、直ぐに軽く数回トゥイッチを入れてフォールさせ、着底後に再び数回トゥイッチを入れて注目させてからリトリーブを再開することで、追い食いさせることができました。



次の夜は月が昇らず、星が綺麗な真っ暗な夜でした。上げ止りから下げ潮へ向うタイミングだったので、潮は前夜以上に動いてませんでした。最初は好調なホロシルバーシャインフレークを使っていましたが、ショートバイトが連発するだけで乗らず、闇鰯に替えて少し輝きを抑えてみましたが結果は同じ。そこで膨張色を期待してクリアチャートフレークにしたと ころ連続ヒット。カラー選択は釣果に繋がる重要なファクターですね。



今回は凪ぎで潮が利いてないこともあり、ザブラスライドスイムミノー85を丸呑みするようなことバイトはなく、ショートバイトが多かったです。大型もヒットするのですが、何も無いフラットなサーフのシャローエリアでは海底に漂うホンダワラが根に映るのでしょう、寄せる最中に突っ込まれてホンダワラが絡んでフックオフしてしまう「藻バレ」が多発。大型サイズに限って藻バレしてしまうので悔しい思いをしました。遠投とカラーローテーションというザブラスライドスイムミノー85のヒットパターンは掴んだので、次回はサイズアップ目指して頑張ります♪
LUREザブラスライドスイムミノー85
COLOR643 クリアチャートフレーク、698 ホロシルバーシャインフレーク、779 闇鰯
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ