トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

群れ鮎か?落ち鮎か?

2017年10月上旬

秋田県 雄物川

佐々木 翼

落ち鮎がちらほらと始まった秋田県雄物川上流域。とはいえ緩流帯には落ちる前の小型の鮎が、群れをなして溜まっていました。

落ち鮎パターンのつもりで来たのですが、群れ鮎が確認できるエリアでボイルがあるので、それに合わせてザブラスライドスイムミノーを本流からナチュラルドリフトで緩流帯に流し込んで行きます。ターンし終わるタイミングでヒットさせるイメージで待つとその通りにヒット!綺麗な魚体に次の魚を期待しリリース。

次に本流での落ち鮎パターンに狙いを替え、ザブラシステムミノー139Fとザブラシステムミノー15Fを使用してみると、それぞれ立て続けにヒットさせるもランディング時にフックオフ。さすがに落ち鮎についている個体の方がサイズは良かったです。

その場を見切り再度また群れ鮎のついているエリアへ戻り、ザブラスライドスイムミノーを投げると早速ヒット!

まだパターンを選べる楽しさを秘める雄物川上流域。今が熱いです。大型を狙うならこれからもっと熱くなるでしょう。季節パターンを楽しみながら旬の釣りを味わいたいと思います。
LUREザブラスライドスイムミノー85・120
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ