トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

ホタルイカパターンの富山メバル

2018年3月中旬

富山県 富山湾

佐々木 翼

ホタルイカの接岸が始まり待ちに待った新月大潮の夜。
月のない真っ暗な夜にホタルイカを掬いにくる人でごった返す海岸、時間が過ぎるほどに青く光り数を増すホタルイカ。

様々なアイテムを試す中で一番の反応を見せたのはザブララファエル、色はライムチャートヘッド/オレンジテール。蓄光ボールの発光と抜群の飛距離が今回のポイント。岩礁と藻のストラクチャーに覆われたボトムレンジをタイトにトレースすることが釣果を伸ばすカギでした。

アベレージ20cm後半と物凄いこのホタルイカパターン。ホタルイカが濃すぎない程よいタイミングやエリア、時間帯を狙えば尺メバルにも会えるチャンスもある魅力的なパターンの一つです。

月の隠れる真っ暗な夜を狙い今が旬の富山県のホタルイカパターン。まだまだチャンスは続きます。
LUREザブララファエル
COLOR920 ライムチャートヘッド/オレンジテール
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ