スタッフレポート | zipbaits ジップベイツ

トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

紫錦ヤマメ好調!

2018年5月

山形県の河川

富樫 力

大雨を降らせた前線が通過した翌日は雲一つ無い快晴の青空。これは釣行せねば。今回の雨で川は増水していたはずなので、無理せずのんびり遅めに出発。釣り場に着いた頃には強い日射しが照りつけ始めていました。川に降り立つと岸辺の草は下流向きに倒れており、一時はかなり水位が上がったようですが、今は流れは澄んでおり好い感じ。水位が若干高めだったのでルアーはリッジフラット50S。カラーは濁っていればギンクロヤマメWHでしたが、強い日射しと澄んだ流れにシルエットが映える紫錦ヤマメWHを選択して釣行開始。

魚は増水の強い流れを嫌って緩い流れに避難していたはずなので、流芯を避けてリッジフラット50Sが流されずに沈む箇所を攻めて行くと、読みが当たって7寸前後のオレンジの腹をしたイワナたちがぽつぽつ釣れてくれます。
川が増水しても、瀬の水位はそれほど大きく変化しないので、シャローな岸辺の倒れた草の影に潜んで増水を回避する個体も居るので、そんな箇所ではリッジ56Sにルアーを変えて探ります。物陰での輝きに期待してカラーはギンクロヤマメWHにしてみましたが今回は不発でした。次にシルバー系のブラッドオパールに替えたらイワナがヒット。ピーカンの強い日射しがカラーに影響したようで、カラーローテーションは大切ですね。
最後は増水で下流から指して来たのか 大場所で尺上のニジマスがヒット。イワナに慣れた感覚の不意を突いて、いきなりジャンプから始まる激しいファイトを堪能して納竿。

今期は好天時の釣行が多いからか、私の中で紫錦ヤマメWHが好調です。
LUREリッジフラット50S、リッジ56S
COLOR914 紫錦ヤマメ・WH、417 ブラッドオパール、他
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ