トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

悔しい良型バラシ

2018年6月

東北地方の河川

富樫 力

6月は雨が少なく河川は渇水状態でしたが
ようやくまとまった雨が降ったのでホーム河川へ釣行してきました。
水位は雨の後なので増水しているかと思いましたが、
今まで渇水状態だったので、平常水位よりちょっと多いかなという感じ。
今期好調なリッジフラット45S紫錦ヤマメ・WHを使って探って行くと
良型の魚がヒットしましたが一瞬でバラしてしまいました。
そこからカラーを換えてリッジフラット45Sを使い、
リッジフラットより一カ所に長く留まれるリッジ56Sを使うも反応無し。
警戒してボトム付近に居るかもしれないと考え、
抑えたカラーの中からリッジフラット50Sブリリアントゴールドを使うと
イワナではなく34cmのニジマスが釣れました。
 
さらに遡行していくと40cm級が2回アタリましたが、
岸因りの緩流帯の川底に堆積していた枯れ草や枯れ枝がラインが巻かれ
2回ともバラしてしまいました。
今回は残念な結果になりましたが、トラウトの活性は高く今まさに本番。
次回は仕留められるよう頑張ります。
LUREリッジフラット45S・50S
COLOR914 紫錦ヤマメ・WH、206 ブリリアントゴールド
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ