トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

梅雨明けの夏渓流

2018年7月

東北地方の渓流

佐々木 翼

続いた大雨もようやくあがり頻繁に沢の水位が変化するこの頃でした。

水温も上がりそこまで活発に追わない魚に、トゥイッチのピッチスピードを落として食いの間を作り、ヒットに持ち込むパターンがメインとなってきました。
スレやすく食いが浅い。トゥイッチアピールからの間を作りすぎず速すぎず見せすぎない間隔が釣果を分けます。

シビアな夏の渓流を猛暑の里から山に癒しを求め涼むのもいい夏の過ごし方ですね。
LUREリッジフラット45S・50S
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ