トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

秋の秋田男鹿 磯メバル

2018年10月

秋田県男鹿の磯

佐々木 翼

東北は秋も深まり、海も秋のターゲットが盛りだくさん。これから数、サイズ共に安定してくるメバルですが、この夜の海況はやや海水温が高い感じ。潮に乗って回ってくる個体を潮通しのよい藻場にて狙う予定でしたが、ベイト豊富なポイントには青物が夕方から乱舞し、暗くなってもメバルへと入れ替わることがありませんでした。そこでメバルが逃避しているであろうシャローエリアを狙うことに。

秋も熱くリッジ56Sサマーエディション。水深50cmもあれば難なく探れる万能選手。 藻の絨毯に岩礁スリットと複雑な地形の上をトレースして探ると、突き上げてアタックしてバイトしてきます。タフコンディションの中でも引き出してくれる安定の心強いアイテムに助けられた釣行となりました。

まだまだこれからが熱くなる男鹿磯メバル。海水温が下がるほどに魚の活性もあがり数、サイズともに期待できることでしょう。今後がさらに楽しみです。
LUREリッジ56S サマーメバルエディション
COLORL-154 ピンクパロットグロー、他
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ