トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

最盛期の秋磯ゲーム

2018年11月

高知県の沖磯

常光 健

久しぶりに丸一日釣行に費やせる時間が確保でき、どこへ行こうか悩んだ挙句、磯で一日をのんびりと満喫しよう!と秋の沖磯へ行ってきました。
今シーズンの釣況は小型青物はそこそこ釣れているものの、中大型はあまり釣れていないとの事前情報でしたが、楽しめればええわ~。と軽いノリで選択したポイントが正解で、朝から50cmクラスのヤズの入れ食い状態に遭遇し、また80cmオーバーも飛び出し大満足な釣行となりました。

トップやシンペン、ミノーなどさまざまなルアーにアタックしてきましたが、今回ピンク系カラーへの反応の良さを特に感じました。
そんな中、80cmオーバーをキャッチしたのはザブラミノー135Fブーンのメタリックピンクイワシ。リングとフックサイズの変更でスローシンキングとなっており、キャスト後、沖へと流れる潮に乗せ一定距離を流し、その後中層を意識してリトリーブしてくると良型のヒットに結び付きました。

ルアーへの好反応をみせ、大型も期待できる磯シーズン真っ盛り!色々な釣り方を試せるチャンスでもありますので、寒くなる前に足を運んでみてはいかがでしょうか?
LUREザブラミノー135Fブーン、他
CLOR494 メタリックピンクイワシ、他
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ