トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

リッジ43SSで狙うメバル

2019年1月

秋田県 男鹿半島

佐々木 翼

秋田県男鹿半島はヤリイカで賑わいを見せています。ライトゲームとポイントが被ることのないシャローエリアをランガンし、リッジ43SSを使用し根周りを探り歩きます。シルエットが大きく波動の強いこのモデルは視覚、側線と魚の感覚に気づかせる要素の強いモデルとなります。風と波っ気あるコンディションでもしっかり情報を伝えてくれるてモデルとなるので幅広いコンディションで使用可能です。上の写真は、磯場ではうねりのある厳しい状況の中でてきてくれた一尾。

港湾部に移動し藻場地帯でリッジ43SSを使用し反応を見ると、下の写真のように体長の半分もあるプラグにアタックしてくるマイクロメバル。サイズ関係なくしっかりと反応させてくれる製品に多様性を感じます。大物狙いに限らずプラッキングの楽しさが見えた釣行となりました。

また反応が悪い時にはサイレント要素の強いリッジスリム60SS、ザブラゾエア49S、ザブララファエル、リッジ56Sなど、リッジ43SSとは反対の要素を持った製品を使用すると新たに釣果が得られることも。引き出しを多くして状況に応じてルアーをセレクトすれば、楽しいプラッキング釣行を組み立てられるし、新しい発見もさらにでてくるでしょう。
LUREリッジ43SS、他
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ