トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

平成最後の4月の休日

2019年4月下旬

高知県

常光 健

ポカポカと春の陽気が続く平成最後の4月の休日、久しぶりにゆっくりと時間が取れ、海から川までプラッキングゲームを堪能してきました。

薄暗いうちからエントリーしたのは、最近好調との噂を聞きつけ訪れたとある漁港。桜色のザブラミノー135Fブーンを果敢に引っ手繰っていったのは60cmクラスのサゴシ。サイズは今一つですが、本日の滑り出しは上々です。

その後しばらく粘るも異状なく、川へと移動し、本流トラウトゲームに移行します。年明け以降、渇水が続いており川の状況は決して良くはないですが、期間限定のこの釣りを楽しもうと何箇所ものポイントをランガンしながら釣り上がっていきます。河口から20キロ程のポイントでは、川鱸との出会いがあり、これからシーズンを迎えるであろうシーバスの力強さを感じさせられた事でした。結局この日は、夕暮れまで駆け巡り、リッジ70シリーズを駆使し、なんとか数匹の美しい本流トラウト達に出会う事ができ、満足した休日を過ごす事ができました。

川のせせらぎや山の新緑、野花の香りなどを感じながら釣りができるのもこの季節の魅力。平成最後の休日はお気に入りのポイントへ、お気に入りのルアーを持って出かけてみては如何でしょうか?
LUREザブラミノー135Fブーン、リッジ70F・70S
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ