トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

秋田県乳頭高原源流イワナ

2019年5月中旬

秋田県乳頭高原

佐々木 翼

秋田も新緑深くなり朝から暑く感じる日が増え、本流、源流共に水位が下がり始め夏の雰囲気となってきました。雨も少なく狙い場も限られるようになってきますが、魚の活性は高く、岩陰から元気に飛び出て来てくれます。短いトレースコースをワンピッチで食わすことがポイントとなる段々源流。日差しのコントラストに合わせたカラーチョイスで目立ち過ぎずナチュラルに演出できるカラーを選択。ポイントごとの光量に応じてカラーをチェンジ。岩陰、木陰となるポイントでのホロテネシーシャッドが本日のマッチングカラーとなり好反応。癒しの源流釣行となりました。乳頭高原界隈のほか仙北市での熊、猿、イノシシの出没が多く報告されていますので、釣行の際は十分にご注意下さい。

ルアー:リッジフラット45S
ルアーリッジフラット45S
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ