トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

こだわりは曲げられない!

5月中旬

秋田県玉川角館エリア

佐々木 翼

今年は米代川、雄物川流域共にサクラマス好調な年のようです。
しかし雪解けは一瞬、玉川では松倉堰より上流でのサクラマスの釣果は好調とはほど遠く、昨年の不調を彷彿とさせるほどのタフな状況。
5月に入り田んぼに水が引き込まれ、どんどん減水し流れも無くなりポイントも減る一方。
毎年最上流域のサクラマスにこだわりを持ち釣行しているが、流石に釣れないと焦りもでてくる。
好調なエリアで手堅く釣ろうという選択肢もあるが、アングラーの居ないこのエリアで釣ってこそ大きな価値を感じる。

このこだわりは曲げられない!

最上流角館エリアでのサクラマスは、深場や付き場が少なく釣果も少ないためアングラーもまばら。
釣れる可能性の高い下流エリアにアングラーも必然と集中するので、例年角館エリアにアングラーの姿は少ない。
少ないポイントも一年を通し毎日のようにカヌーを漕いで玉川の情報を得ているので、水位の変化に応じて狙い場を絞り、
少ないチャンスに巡り会えるのだと思う。

2019サクラマスも後半戦に入り、渇水とシャロー攻略で引き続き次の鱒に狙いを定めて追いかけたいと思います。
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ