トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

令和元年 シーズン終盤の鼻曲がり

2019年6月上旬

高知県

常光 健

本流ゲームも終盤に近づいていますが、冬から続く渇水の影響で例年に無い稀にみる厳しい状況が続いている地元河川。
そろそろ梅雨の足音も聞こえ始め、久しぶりのまとまった降雨のあった数日後、シーズン後半の大物を求め釣行してきました。
好条件となる増水&濁りは治まり、ほぼ平水状態の河川となっており朝からノーバイトが続きます。そろそろ納竿の二文字が頭の中をよぎり始めたなか入ったポイント。
リッジ70を緩やかな流れに乗せながら大きく左右にスライドさせるアクションに、思わず食らいついたのは納得サイズの鼻曲がり。今シーズンも何とかいい魚に出会う事ができました
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ