トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

硫黄の香り漂う乳頭高原の沢渓

2019年6月下旬

秋田県乳頭高原

佐々木 翼

沢によって様々なベリーカラーのイワナを楽しめる乳頭高原。渓相もすでに夏渓。
雨が降らなければ活性も下がり見切りも早い。太陽が上がれば木陰や岩陰を狙い、隠れて待ち伏せしているイワナに反応をうかがう。
新色からローテーション、チェイスはあるもののバイトまでには持ち込めない。ポイントをまわり探っていくとナチュラルカラーが好反応。
リッジフラット50Sを岩陰や隙間にピン打ち。着水からワンピッチでバイトと一発勝負。タフながらも口を使う好反応をみせる。
マッチングカラーを見つけるまで、口を使う反応を得るまでいくつもポイントを潰してしまったのが悔やまれる。これもまた面白いところ。
カラーという引き出しの多さも釣果へのファクターの一つである。
ルアーリッジフラット50S
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ