トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

命の洗濯

2019年8月上旬

長崎県

峯 真宏

自分の中では年に一度の命の洗濯である、渓流のヤマメ釣行に行ってきました。
一週間前まで結構な雨が降っていたようで川は増水気味でした。
そこで、前半に活躍したのはリッジディープ70Sでした。
しっかり流れをつかみつつじっくりヤマメにルアーを見せることができ、ここぞというとポイントではしっかりと魚を引き出すことができました。
後半に攻めた川は水量も落ち着いており、リッジフラットの50S、60S、70Sなどのヘビーシンキングミノーが大活躍。
適度な重量で扱いやすく、ベイトタックルでピンキャストをビシバシと決めることができます。
良い魚を出すにはキャストを一発で決めることが大切ですが、リッジフラットシリーズは心強い味方です。
来年こそは、尺オーバーを釣り上げたいと思います。
ルアー1リッジディープ70S
ルアー2リッジフラットの50S、60S、70S
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ