トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

スロベニア遠征 カヌーコース釣行

2019年8月下旬

スロベニア

佐々木 翼

カヌーの合宿先スロベニアでの練習後の釣行です。
カヌーコースにはブラウン、レインボーの他にコイ科のチャブなどが生息しています。
カヌーコース上流の大きく開けた流れの緩い本流で、リッジフラット45Sを使用しミドルレンジを探っていきます。
魚の反応はあるも食いつきがあまり上手ではないようで、速い動きにはなかなかついてこれないよう。
アイテムを様々試した末、レンジとアクションがリンクしたリッジフラット45Sをチョイス。
スロートゥイッチでの反応がよくパターンを掴めばバイトは連発。
しかし、大型のレインボーも多く丸呑みにされると、激しいファイトとストラクチャーによってラインブレイクされることも。
リッジフラット45Sは緩流域での探りの釣りで、食わせの間を上手に作ることが出来るアイテムとして活用できます。
海外での反応もまた日本と違うこともあり、ヨーロッパ特有の魚もいたりと、引き出しを増やすにはいい経験となります。
次は、丸呑みするようなレインボーをキャッチできるように、また通いたいと思います。
ルアーリッジフラット45S
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ