トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

モドリか桜鱒か?

2019年8月中旬

北上川支流

佐藤 雄一

6月にフレッシュウォーターからソルトウォーターにシフトして、取材やらトーナメントやらと結構忙しい日々を過ごしていました。
気付けば8月中旬?
少し癒しの釣りをしたくなりまとまった雨が降った翌日、勝手知ったる北上川の支流に釣行しました。
狙いはヤマメ!
6,5フィートのロッドに1000番クラスのリール、ラインはPE0,2号、リーダーはフロロの5ポンド。
結んだルアーはリッジフラット45S。
時期的に水量が少なくさらに水温も高いので、いきおい狙うポイントはブッツケやプール、堰堤下になります。
移動距離を少なくまた沈み込ませる為この選択となります。
当日は平日とは言え、皆さんこのタイミングを待っていたようでメジャーポイントは先行者。仕方なくポイントが空くまで車で待機。
小一時間程で先行者は諦めたようで川から上がって来ました。お話しを聞くと尺位のヤマメが二本との事。出勤前の釣行だったようで泣く泣く帰って行きました。
すかさず支度を整えアプローチ開始。お話しを聞いた先行者のタックルにはナイロンラインが巻かれていたので、釣り切られてはいないはず。
PEラインを活かしてダウンにフルキャスト。スラックを取りながらカーブフォールさせ、リーリング開始。レンジを保ちながら時おりトゥイッチを入れての繰り返し。
流石に先行者が叩いた後なので深追いはしないと判断。より深いレンジを探ると引ったくるようなバイト。
ヤマメにしてはパワーがあります。それこそ跳んだり下ったり。ヤマメタックルなので無理は禁物です。それでもなだめ透かすようにやり取りして何とかランディング。
ファイト中にわかっていましたが、改めて確認するとパーマークがありません。サイズは43センチ。モドリか桜鱒か?
リリース前提なので確認しようもなく、それに私自身こだわりもありませんのでどちらでもオーケー!
写真を撮りながら予感がして簡易プールを作りそこに放しました。
釣り場に戻りレンジを意識してキャストを繰り返していると程なくしてバイト。またしてもヤマメのファイトではありません。
二匹目と言うこともあり余裕でファイトをかわし無事ランディング。今度は40センチ。
私の意図したアクションを忠実に具現化してくれるリッジフラット45Sに感謝です?(^-^)
ルアーリッジフラット45S
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ