トップ > フィールドレポート > ユーザーレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

激闘、激浅!ナイトヒラスズキゲーム

2017年6月30日

高知県のサーフ

松本 浩一 様

高知県でのヒラスズキゲーム。
サーフに大小様々な岩が点在するエリア。明るいうちに地形の把握などをして暗くなるのを待つ。
南の風で波が少し高いものの釣りをするには問題ない。
狙いは、岩の際のヨレや岩と岩のスリットなど。
オープンエリアではなく岩の際をタイトに攻めなければならない。

潮が揚げ始めエントリー開始。
魚は上げ潮と同時にエリアに入ってくるとのこと。
投げすぎは禁物。
数投して反応なければ場を休ませなければならない。
なかなか反応が得られず時間だけが過ぎる。

上げ潮もいっぱいに差し掛かった時、
引き潮によって出来た岩の裏にザブラウィスパーを通すようにキャスト。
ヨレからでて、ラインが流れに引かれてルアーの軌道が変わった瞬間…
コツ…ゴンッ!と重たいバイト。魚が持って行っているのを確認してフッキング。
と同時に強烈なエラ洗い。デカイ!
心拍数が一気に上がる。岩をかわさなければならない。魚の向きを確認しながら岩をかわす。
しかし、予想外のサイズで竿がバットから曲がる。なかなか魚が寄って来ない。
幸い何も無い場所に持ってこれたのでゆっくりやりとりしてると、師匠が駆けつけてくれてランディングしてもらえた。
激闘を制した瞬間、僕はその場に膝をついてしまった。足ガクガクで放心状態…

魚を連れてきてくれたザブラウィスパーに感謝。
レンジキープのしやすさと絶妙なアクションから生まれる明滅が聴いたと思います。
LUREザブラウィスパー96S
COLOR616 AKコノシロ
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ