トップ > フィールドレポート > ユーザーレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

こう使う!ザブラウィスパー

2017年10月

高知県

弘瀬 伸洋 様

流れにシンクロすなわち”ウィスパーロール”を持ち味とするザブラウィスパーシリーズ。
フィッシング界の異才、浅川氏が監修するこのルアーは、激戦区で培われ、口を使わない激シブなシーバスに口を使わせる為に作り出されたと聞く。
高知においてもシャッド捕食本能を刺激するランカーハンターとして、私の一軍ルアーとなっている。
ただし私は操作にアクセントを加えて使っている。

『バープルヘイズ的使用方法』

飛距離がでるザブラウイスパー、その秘密はジップベイツ独自のマグドライブにある。キャスト後の泳ぎ出しには重心が前方に戻り磁力で固定される必要があるのだが、我々はこの課程を逆利用している。
つまり、キャスト後あえてマグドライブの重心を戻さないようにして(テール側に寄せたままにして)、浅いレンジを攻めたり、着水地点が浅い時は底に当て無いようにそのまま表層を流して、フィシュイーターに見せていくのだ。
そしてブレイクがあればトゥイッチを入れて重心を戻しレンジをコントロールすることで、補食スイッチ入れさせる事が可能になる。

開発者が意図してかは分からないが、このようにマニュアル感をあえて残している所が良いのだ。
使いこなせば戦闘力の上がる一品だと感じている。
LUREザブラウィスパー127Sy・96S
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ