トップ > フィールドレポート > ユーザーレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

食わせの『間』

2018年3月25日

新潟県 三面川

川内 俊昭 様

瀬の中でルアーにアクションを加えた時にいつも食わせの間を入れています。その際に魚の反応が良いのは、沈むルアーより浮き上がるルアーの方だと私は感じており、リッジ90Fを多用してサクラマスに口を使わせて来ました。しかし今年発売されたSSS(スーパースローシンキング)のリッジ90MNシークレットなら、食わせの間を入れた時に狙いのレンジでステイしてくれるので反応した魚が確実にバイトに持ち込めるのでは...解禁前からそんな妄想をしていました。

その妄想も解禁から現実のものに…
アメマスでしたが狙い通り食わせの間を入れた瞬間にヒットしました。やはり狙い通りと思い同じタイミングで食わせの間を入れるも本命のサクラマスではなくアメマスばかりでしたが…

その日もルアーにアクションを加え、いかにもという場所で食わせの間を入れた瞬間に明確なバイト、そして手元に伝わる重量感、ベリーフックを食わえているのを確認したので落ち着いて弱るまでやりとりを行いネットイン??遂にサクラマスと出会えました!!

食わせの間を入れた時にサスペンドする事により魚がルアーを狙いやすくなり、ミスバイトも減り、確実に魚を釣ることができるリッジ90MNシークレット。私の心強い味方がまた一つ増えました??
LUREリッジ90MNシークレット
COLORL-129 MNシークレットゴールド
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ