トップ > マグ・ドライブ

つながると、 マグ・ドライブの構造
ひろがる。

MAG-DRIVE SYSTEM マグ・ドライブシステム

■キャスティング時 ■スイミング時 メインウエイトをシャフトドライブ&磁着固定させることにより、
アクションを損なう原因となるウエイト自体の余分な動きを排除します。
また、キャスト時にはウエイトがボディ最後部へ確実に移動するため、
常に芯を捉えた驚きの飛距離を可能にしています。

PARTS パーツ

ウエイト
メインウエイトには、超高比重タングステン「MZ-19(PAT.)」をはじめ、支点を分散させたい場合にはスチール製ロングウエイトを使用するなど製品ごとに最適なマテリアルを採用しています。一般的にルアーに使われるタングステンは、樹脂を混合させることで加工がし易く、やや比重が落ちる「樹脂タングステン」と、加工が困難で高比重な「高純度タングステン」に大別されます。現在当社が使用しているのは後者で、その比重値は実に鉛の約2倍。これにより、ウエイトをルアー内部にコンパクトかつ低位置にセットすることが出来るため、「感度(レスポンス)の良いルアー」が出来るのです。
シャフト
ウエイトが移動する際の余計な動きを制御するセンターシャフトは、アクションにおいても横ブレと異音を発生させない重要な役割を担っています。その素材には数種類を用意。非磁性体であり対磨耗性に優れたブロンズ製は、ベーシックなアイテムに。飛距離を重視したい場合には、ステンレス製を採用し磁力によって移動ウエイトのポジションをコントロールします。また、大型ミノーなどウエイトの移動時にシャフトへ大きな負荷がかかるものには、形状記憶合金を採用しています。
磁調ワッシャー
アイテム毎に最適な磁力を確保するために、スチールプレートとマグネットの間に組み込まれる磁調ワッシャー。アイテムによってはやや弱めにメインウェイトが磁着固定されるよう設定しています。これにより、安定感がありながらもハードなロッドワークではウエイトが後方に瞬間的に外れ、トリッキーな誘いができるよう使用されています。
ラバークッション
高比重タングステンウエイト(MZ-19)などのメインウェイトが、キャスト時において強烈な衝撃とともにボディ後部に移動。その衝撃からボディの破損を避けるためにラバークッションを搭載しています。※モデルの形状によってはラバークッションの弾力によるウエイトの戻り現象が発生するため、このパーツを抜いても強度確保が可能な設計パターンも用意しています。
■ 円柱状ウエイトによるワイヤースルー構造(PAT.P)■ ウエイト  マグネット+MZ-19等(PAT.P)■ シャフト(形状記憶合金 その他)■ 磁調ワッシャー 磁力を調整します

ACTION アクション

ウエイトにブレが無い超低重心構造のため、リップラップ等の連続するストラクチャーを瞬時のヒラウチとともにかわし、丁寧にボトムをトレースできます。バスフィッシングにおけるクランキングや、淵やプールなどのポイントを狙うトラウトフィッシングにおいて、他を圧倒する性能を誇ります。従来の重心移動構造では、ルアーが障害物にコンタクトした衝撃によってウエイトが後方へ動いてしまうことでバランスを崩し、狙ったコースを通すことが意外に難しいものでした。マグドライブは、その点においても考慮し設計されています。また、ミノーイングにおいても、ロッドワークに機敏に反応するアクション感度の良さを持ち、アングラーの思い通りの誘いを可能にしました。マグドライブは、今まで獲り逃していた魚をバイトに持ちこみます。

■ルアー内部のウエイトの動き アンチロックウエイトシステムの場合(さまざまな要因でウエイトが動く) MAG-DRIVEシステムの場合(ウエイトは安定的に前方で磁着固定)
マグドライブレポート背景

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ