トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

月夜の凪磯メバル ショア編

2020年6月

秋田県男鹿磯

佐々木 翼

月夜の凪磯メバル ショア編
月明かりが強い凪の男鹿の磯へ。月明かり明るく厳しいコンディションでのプラッキングとなり、藻の間や上を通すもののなかなか反応得られず、ジグヘッドを打ち込むとチラホラとメバルの反応みつける。
水深、藻の高さを見極め再びプラグで探ると、反応の良かったアイテムはリッジ56Sサマーエディション、リッジ35SS、ザブララファエル。ただし1箇所で同じアイテムでは複数出ず、ルアーローテーションしながらの数拾うスタイルでした。
厳しいコンディションにもリンクするアイテム選びで、プラッキングを楽しめる月夜の釣行でした。
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ