トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

「タフコンディション」

2020年7月中旬

秋田県乳頭温泉郷

佐々木 翼

長雨が続き梅雨らしい7月となっています。河川は増水し高水位が続いて山から流れる沢もよく流れています。
雨の合間に乳頭温泉郷の沢へと足を運んでみるも、ここぞとばかりに先行された形跡が。今回のポイントでは、先行されていたフライマンと入れ違いに入渓することに。先に釣りをされていたフライマンから状況を聞くと反応が無いという。太陽照りつけるコンディションにルアーカラーは漆黒ヤマメをチョイス。目立たないカラーで、バイトを期待しつつ水深のあるエリアをリッジフラット50Sで、シャープにリフトしフォールに少し間を開けて誘いをかけて緩い流れの際を探っていく。ポイントを叩かれたタフコンディションなだけあって、なかなか反応をみせてはくれない。打ち込めるポイントは多くないので、一つのポイントにせいぜい2キャストで見切られる。ポイントを大事に最後のポイントでボトムから2リフト、ようやく強い反応を見せた。あちこち走り回り姿を見せたのは尺前後のヤマメ。この沢では初めてのサイズに価値ある釣行となりました。
最近ほぼ毎日熊の目撃があり、頻繁に親子熊が現れ被害も多くなっています。十分な対策を行なって、熊の被害に遭わぬよう釣行を心がけてください。
ルアーリッジフラット50S
カラー漆黒ヤマメ
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ