トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

「季節の移ろいを感じ」

2020年9月中旬

山形県

富樫 力

この夏は猛暑による渇水、厳しい残暑に局地的豪雨で、思うような釣行ができませんでしたが、稲刈りも始まった9月中旬に27時間で累加雨量165mmという激しい雨を観測。それからようやく気温が下がり季節の移ろいを感じる事ができたので、渓流へ向かってみることに。林道を進むと、ミンミンゼミが今を盛りとばかりに五月蝿く鳴いており、驚きました。

濡れて滑りやすい斜面を降って沢に降り立つと、水量は良い感じですが薄い笹濁り。大雨の影響が残っているようです。それでも明るく日が射していたので、リッジフラット45S 191 パールミストアユをチョイス。読みが当たり『ここは居るだろう』という場所で確実に反応があり、釣行していてとても気持ちが良いです。しかし、なぜか濁りが強まってきて、程なくして川底の石が見えなくなりました。

とりあえず陽射しがあるので267 漆黒ヤマメ2にカラーチェンジ。ヒットこそありませんでしたが、ピックアップ寸前までチェイスしてくる影を何度も見かけます。そこで914紫錦ヤマメWHにカラーチェンジ。川底が見えない流れにアップキャストしてショートトゥイッチを掛けていると良型がヒット。川の濁りはきつくなり、これ以上の遡行は危険と判断してこの良型を最後に退渓しました。

本来であるなら、9月中旬以降はイワナは産卵準備に入りルアーへの反応が悪くなるのですが、まだ高活性でした。今年はもう少し楽しめそうです。
ルアーリッジフラット45S
カラー191 パールミストアユ
914紫錦ヤマメWH
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ