トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

new3
秋磯青物ゲーム2020

2020年11月上旬

沖磯

常光 健

今年初の沖磯に青物を求めて釣行してきました。海は碧く凪ぎ、気持ちの良い秋風が磯の香りを運んでくれ気持ちが高ぶります。
磯に着くと、目の前に大きな潮目が緩やかに流れ、いかにも釣れそうな雰囲気。早々に準備を整え、まずは定番のトップウォーターの誘い出し釣法で数投目にヤズがヒット。その後も同サイズは数投ごとにヒットしてくるが、どれも同じサイズばかり。そんな中、釣友がハマチサイズをキャッチし、ヤズの中にはハマチも回っている様子。少し変化をと考えザブラ15HDを大きくジャークし、フラッシングさせていると私もハマチをキャッチすることができました。
当日はトップウォーターへの反応は良いものの見切られる事も多く、そんな魚に対して、ミノーやシンキングペンシルなどを使うと反応が得られることが多かったです。具体的な使い方は上記のザブラHDのジャーキングによる強烈なフラッシングでのアピールと、ブーンやモンスーンブレーカーを使用し、水面をときおり割るくらいのスピードで高速リトリーブしてくる釣り方。特に後者は突然青物のスイッチが入り、猛烈なスピードでルアーにアタックしてくる姿が見えるためアングラー側もとても興奮しますのでお薦めです。
秋磯シーズンはまだまだ始まったばかり。もうしばらくシーズンは続くと思いますので足を運んでみてはいかがでしょうか。
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ