トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

富山ホタルイカパターンメバル

2021年3月中旬

富山県

佐々木 翼

毎年ホタルイカの時期には必ず訪れていた富山県へ2年ぶりにきました。新月大潮周りで期待していましたが、まだ今回の潮周りでは本格的な大きな接岸は見られてない感じ。ポイントが水深3メートル前後で所々に根が点在するポイント。そこでザブララファエルをチョイス。抜群の遠投性能にこれまでのホタルイカパターンでの実績に迷わず選択。ボトムまで沈めて巻いてはステイ、そしてまた巻いてはステイとステイの時間を作ってあげたり、そのままボトムからリトリーブのみと広範囲を探っていく。ホタルイカが薄いのかなかなかメバルの反応を得られないが、とにかくカサゴが高活性。グローボール入りのカラーが反応が良いようだ。上げいっぱいになる時間が近づく頃からメバルの反応も出だし、大型の個体には出会えなかったがまずは本命に出会えて一安心。初日は短時間ながらも久々のご当地パターンにワクワクしながら楽しめました。明日からも状況みてホタルイカパターンのメバルを探しにいきたいと思います。
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ