トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

富山県プラッキングメバル3rd Night

2021年3月中旬

富山県

佐々木 翼

連日続けての釣行となるとやはり天候によるコンディションも変化があります。これまで行っていたホタルイカが絡みそうなエリアは風とうねりがあり厳しいと判断。今回は海況が落ち着くホタルイカの絡まないエリアへと足を運びトライ。満潮から下げのタイミングでスタート。潮が動き出すタイミングからラファエルでレンジを入れてみたり、ゾエアリプル45Fで表層を探ったり様々アイテムを試して反応の出方を見てみると今回の反応がとてもよくマッチしたアイテムはリッジ56Sサマーエディションでした。スローリトリーブで波動を強く出さずゆらゆらとシンペンテイストな使用感と風にも負けない突き抜けるようなキャスト感。状況を選ばず迷ったらこれ一択というほどの万能選手。今回のポイントでは水深3m弱に背の高い海藻が点在するポイントで海藻に干渉するかしないかを通せるアイテムがリッジ56Sで動きもマッチしたようだ。ベイトが読めないのに加えて釣れてくるメバルはほぼアフター個体のようでそこまで食い気があるようには感じられなかった。なんだか大きいのに細い。それでも数、サイズ共に楽しませてもらった釣行になりました。
ルアーリッジ56S
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ