トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

山形県渓流釣行

2021年4月上旬

山形県渓流

富樫 力

好天の強い陽射しに誘われて、解禁したての渓流へ向かいます。しかし解禁から僅か1週間しか経っていませんが状況は渋く、チャートゴールドヤマメでリアクションバイトの誘いを掛け広く探ってみますが、魚影を見ることが出来ません。早くもスレているようです。足早に遡行して距離を稼ぎ『此処に居ない訳はないだろう』という水深ある場所で、岩のエグレのシェイドにリッジフラット45Sシャイニングオイカワを落とし込み、シェイドの中で小刻みに上下のショートトイッチで誘い、なんとかテールフックが唇に1本刺さる感じで魚を引き出すことが出来ました。前回はベリーフックでのヒットだったので、それだけでもスレを感じる状況でしたが、新色のシャイニングオイカワに救われるました。好天時のシェイド攻略に有効だと再認識させられました。
ルアーリッジフラット45S
カラーシャイニングオイカワ
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ