トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

秋田県男鹿磯尺メバル

2021年4月中旬

秋田県男鹿磯

佐々木 翼

ようやく桜が満開となり春を感じられだいぶ寒さも和らいできました。今回も夕マズメからポイント入りし、下げ潮のタイミングで潮が入り条件は揃いプライムタイムを待つも、小型がポツリポツリとサイズが伸びず。潮が効いている間に場所を見切り、海藻の多いポイントながらも水深があり丈の長い海藻の先から海面までは50cmほどのポイントに、ゾエアリプル45Fをチョイスし潮流に対して少しダウンクロス気味にリトリーブ。引き波を立てるくらいのスローリトリーブで反応を見る。海藻地帯をトレースしてくるとヒット。小さなアタリから重く横に走り出すと海藻に絡みながらも寄せてくると明らかに尺超え個体と確信。抜き上げは困難と判断するも玉網を忘れてきている。取り込み場所を探して波のタイミングで上げられそうな場所を探すと岩の隙間のスリットでなんとか上げられそう。波のタイミングをみてずり上げると太くてどっしりしたシロメバル。その巨体をバケツに入れてしばらく海中に沈め回復させる。その後計測してみると31cmのシロメバル。ブルーバックのメバルの方が大型固体が多いので尺メバルが出やすいと感じているが、シロメバルでの尺超えはこれまでなかなか出なかったので素直に嬉しい一尾だ。プラッギングで狙うメバルも今が最盛期。サイズも数もこれからが本番となります。安全第一に季節の魚を楽しみましょう。
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ