トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

new3
山形県月夜の港湾メバル

2021年4月下旬

山形県港湾

佐々木 翼

桜前線もどんどん北上し、もうすっかり夏の陽気に近い日も多くなってきました。海の方も同じく魚たちが活発になり釣れる魚種も増えてきました。今回は満月周りの大潮と強い月光の元の釣行となりました。外洋は荒れ模様で港湾部をメインに探り歩いてみました。外洋の影響を受けない漁港内は澄み潮、海中は丸見えで魚たちは外には出てない模様。堤防からも黒くまとまって見え、水面近くまで丈のある海藻地帯や岸に近いゴロタ周りのシャローを、リッジ56Sサマーエディションとゾエアリプル45Fを使用しストラクチャーから引きずり出すシャロー攻略です。ゴロタ周りも海藻地帯もいずれも干渉しないレンジコントロールできるアイテムチョイス。いきなり
直上を通さず少し離れたところからトレースして様子を見ていく。反応を伺いながらヒット、またはショートバイトでカラーチェンジとカラースレさせないようにローテーションして狙っていく。金魚のような個体から25cm前後まで漁港サイズとしては良いサイズを連発。天候に応じたポイント選びとアイテムチョイスで、荒れのコンディションでも好釣果を叩き出してくれるアイテムで楽しませてもらいました。まだまだ真っ盛りの春メバルプラッギング。コンディションに応じたアイテムチョイスで最盛期を楽しんでみましょう。
ルアー1ザブラゾエアリプル45F
ルアー2リッジ56Sサマーエディション
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ