トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

サーフでサラシ撃ち

2021年6月8日

山形県庄内地方

富樫 力

6月になると私はサーフでシーバスロッドを使ったキス釣りを楽しんでいます。それはキスを釣ることで海底の起伏凹凸を知り、キスは砂地に生息する甲殻類などを餌にしているので、キスというベイトフィッシュが着く潮の流れを探るためにです。
6月8日は大潮前の中潮。釣行タイミングは下げ潮9分。でも風向きが良くて、真っ直ぐ海から吹き付ける西風で、行ってみた感じ風速2m。波は凪でしたが、沖の馬の背の凸には白波(サラシ)が立っています。そこがポイント。月明かりが無く暗いのでザブラシステムミノー11Fシースルーミストイエローをチョイス。真っ暗な海に立つ白波を目標にキャストを繰り返すと、葦、ヨモギ、イタドリ、スギナといった川から流れでた草がフックに絡まるエリアと、ホンダワラといった海藻が絡まるエリアがある事に気付きました。川から流れ出た草は比重が軽いのでサラシの近くに漂い、ホンダワラはサラシが立ち終わった凹に堆積している感じです。
波が打ち寄せサラシが出来たタイミングでキャストしたザブラシステムミノー11Fに、コツ。ときて『乗れ、もう一回バイトしろ!』と念じたら追い喰いしてヒット。良型ゲットです。しかしこのようなショートバイトしてからの追い喰いは、トレースレンジが上であることが多いので、ザブラスライドスイムミノー85MDS月光鰯に変えてレンジを下げてみたところ立て続けにヒットしましたが、ヒットと同時に海底を漂うホンダワラに絡んでフックオフ。海底に漂うホンダワラにシーバスが身を寄せて潜んでいたのでしょう、どうしようもありません。再びザブラシステムミノー11Fに戻して2尾目をゲット。こいつはサイズの割によく走ってくれて楽しめました。
その後風が止まり潮も止まったようでサラシが立ち難くなり納竿。今宵はキャストするタイミングとレンジ攻略を考えないといけなかったので、時間を忘れるほど楽しい釣行でした (^^)。フックに絡まってくる草が川からの草なのか海藻なのかでも、潮の動きを探れますので、参考になれば幸いです。
ルアー1ザブラ システムミノー11F シースルーミストイエロー
ルアー2ザブラ スライドスイムミノー85MDS ステルス&フラッシュ・HM 月光鰯
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ