トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

炎天夏の渓イワナ

2021年6月下旬

秋田県渓流

佐々木 翼

サクラマスシーズンも落ち着いて夏渓流のシーズン。暑さも夏らしくなり渓流も夏の渇水モード。沢によって色違いのイワナが選べる贅沢に今回は茶系のイワナ沢へ。春先は黒に近い色が夏になると茶系になるイワナの沢。快晴の天気から夕方にかけて雲がかかり少し光量が落ち着いた曇天のタイミングに今シーズンの新色シャイニングオイカワでリッジフラット45Sを使用。水の落ち込みの下に潜むイワナにこのカラーが気泡に溶け込み、とても良いフラッシングで上手く魚が反応してくれました。夏の渓流もまた雨が降るごとにリセットされ楽しめる時期となってきました。今年も熊の活動が活発なようで周辺で頻繁に出没しているようだ。私も先日2頭の熊に出会いました。入渓には熊の対策もしっかりして熊に出会わないよう心がけていきたいところです。
ルアーリッジフラット45S
カラー290シャイニングオイカワ
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ