トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

海風吹いてシーバス再開 カギは水温のレンジ

2021年8月下旬

山形県庄内地方

富樫 力

今年は梅雨前線と秋雨前線が西日本に停滞していたため、庄内地方では連日陸から海へ吹く陸風が吹き続き海はベタ凪。サーフは魚っ気が無く釣れない日々が続きましたが、此処にきてようやく海から陸へ向かって吹く海風が吹くようになり、白波も立ち、待ちに待った釣行タイミングの到来です。

8月26日(木)強風過ぎて駄目でしたが、白波の立ち具合から海底の起伏の様子を確認することが出来ました。
8月27日(金)海は白波が消えた高いうねり波で、海水温は妙に温い。海面潮位も高くて深くウェーディング出来ないので、飛距離が望めるザブラスライドスイムミノー85MDSを選択。カラーは月明かりが無く真っ暗だったので#915マズメチャートをチョイス。沖のカレント目掛けてフルキャストしてみるも狙っているポイントまで届かず。諦めモードで回収に掛かろうかという変な距離感で唐突にヒット。2ケ月ぶりのファイトを楽しんでいると、上がってきたのは1.6kgのクロダイでした。
8月28日(土)本命を求め今宵も釣行。前日と違って時々白波が立ち、海水温と海面潮位は下がってました。可能な限りウェーディングしてザブラスライドスイムミノー85MDSをキャストして探るも無反応。白波が見えるのだから、海面に酸素が多く含まれるようになったので表層に居るのかもしれないと考えZBL11Fシースルーイエローをチョイスすると、一発でグググン!とヒット。久しぶりのシーバスは2.5kgの良型でした。やはりZBL11Fは釣れる!!
8月29日(日)海風に誘われて連夜の釣行。波の周期が短く白波が立っているので、此処4日間では一番釣れそうな雰囲気がありますが、また海が温くなってます。今宵もZBL11Fからスタートしてザブラスライドスイムミノー85とルアーローテーションしてレンジを下げていきますが無反応。水温が低いであろうボトムをトレースすべくザブラスライドスイムミノー85MDSに替えたら1発でヒット! やっぱり居ました。が、反転されてエラにリーダーが触れたのか、リーダーの中間でラインブレイク。
8月30日(月)岸と並行に吹く南の強風の中やってみましたが、うねり波で無反応。駄目でした。

5日連続で釣行してみて、カギは海水温にあると感じました。この夏の酒田港沖の離岸堤周りでは豆サイズのアジとサバ、カマス仔がたくさん釣れているのでベイトは豊富。あとは海風が吹いて海が攪拌され、白波が立って海水温が下がればシーバスはカレントを通り寄ってくるはず。6月以降ボーズ続きでしたが、今回の釣行で光明を見出せた気がします。
ルアーザブラスライドスイムミノー85MDS
カラー915マズメチャート
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ