トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

新色に宇宙を魅る

2022年4月初旬

山形県

富樫 力

春とは名ばかりの雨の多い3月は好天が2日と続かぬ日々でしたが、渓流釣りが解禁となった最初の週末は陽射し100%のピーカン照り。桜はまだ先ですが、今年初めて春うらら。ウェーダーを履いてロングTシャツで入渓するも、今年初めて暑くて腕まくりをする。

陽射しが強いので2022年の新色コスモルージュのリッジフラット45Sをラインに結ぶ。新色コスモルージュは釣具店の店内で見ると暗いカラーだが、陽に照らされるとボディのラメが光り輝く。実はコスモルージュは、一見すると似ても似つかぬカラーではあるが、イメージ的には2020年の新色#267漆黒ヤマメIIの改良版。木々の木漏れ日や岩陰に入れば暗いシルエットで魚を魅了するが、ボディに潜むラメが、宇宙に輝く星の如き瞬きで魚を魅了する。背中のブルーは日差しの元で濃淡を演出してくれる処が漆黒ヤマメIIとの違いだろうか。

雪融けの影響で水量が多くポイントが潰れ気味なのでリッジフラット50Sが適していそうだが、低活性な時期は緩い流れ・淀みにイワナは居るので、敢えてリッジフラット45Sでボトムを探る。コスモルージュの他にも輝きが鈍いシャンパンゴールドブラック、ラメが輝くシャイニングオイカワが功を奏して此処ぞ!というポイントで5~6寸が姿を見せるが、小さいのでアワセず見送る。遡上途中に紅白の目標にミミズが付いた仕掛けが水中に沈んでおり、先行者がいたようだ。

低活性で水量が多く先行者ありの状況でも、コスモルージュは良い働きをしてくれました。渓流魚にラメは有効なのでコスモルージュに期待。今シーズンも楽しめそうです。
ルアーリッジフラット45S
カラー446 コスモルージュ 447 シャンパンゴールドブラック 290 シャイニングオイカワ
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ