トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

新色適材適所 渋い輝きで尺イワナ

2022年4月中旬

山形県

富樫 力

初夏を思わせる好天が4日間も続いた4月中旬、平野部では桜が一気に満開となりました。きっと山ではイワナの餌となるヤマアカガエルやサンショウウオが、羽虫も動き出したに違いない。このタイミングを逃してなるものかとそそくさと釣行に出かけてきました。

解禁から調子が良いリッジフラット45Sのコスモルージュでサーチしながら渓流を遡行。高低差がある渓相になると水没した倒木が多くなってきたので、沈みが早いリッジフラット50Sにルアーチェンジ。先ずはコスモルージュを使い倒木周りの明暗部から尺イワナをゲット。淵は見た目より水深があるようで、真下に潜るような引きがたまりません。更にタイトに深く攻め込むべく視認性が高いチャートゴールドヤマメにカラーチェンジして再び尺イワナゲットです。此処のイワナは倒木の影に隠れているようです。

だからと言ってタイトに攻め込んでシーズン開幕早々新色をロストしたくないので、輝き過ぎない渋い反射のシャンパンゴールドブラックをチョイスして、リッジフラットのサイドフラッシング効果で引き出す作戦に変更。落ち込みの流れに打ち込んでボトムまで沈め込んでから、ふわっ・ふわっ。と短い距離で誘いを掛けているとグッ!と抑え込むような根掛かりのようなアタリがあり、ちょっと躊躇しながらフッキング。この戸惑いが良くなかった。グワングワンと大きな振り幅の引きがあり、水中に40cmほどの魚影がウネウネしているのが見えたところでフックオフ。ミスりました。立ち位置を変てみると、35cmほどの魚影がヌルッと姿を表すのですがバイトまで持ち込めず。ただこれはリッジフラット50Sを使うには水量が多過ぎた為だと感じました。

その後も要所要所でカラーを使い分け遡行を続け、シャンパンゴールドブラックでは尺上を含む多くの釣果を追加することができました。実際シャンパンゴールドブラックは何度も倒木の下から良型をコールアップしてみせたのですから、今期の釣果を期待したいカラーです。今回はカラーの味付けを楽しめた釣行でした。
ルアーリッジフラット50S
カラー1446 コスモルージュ 447 シャンパンゴールドブラック
カラー2291 チャートゴールドヤマメ 290 シャイニングオイカワ 267 漆黒ヤマメ2
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ