トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

秋、ショアからの青物狙い

2019年秋

神村 達矢

皆さん秋のシーズンをどのように楽しんでいますか。
私は年々釣果が伸びているショアからの青物狙いに力を入れて釣行を楽しんでいます。
特にジップベイツルアーのザブラサーフドライバー110Sでの釣果は凄く、私個人も驚くほどです。
今回はそのザブラサーフドライバー110Sを使ってどの様な釣行をしているのかを書いてみました。
『ベイトの把握』
まずターゲットとなるフィッシュイーターがどのベイトを捕食しているかを把握します。私のフィールドエリアではこの時期、鰯・コノシロ・サヨリ・などのベイトが確認でき、今年はそれにサッパも多く青物のベイトに絡んでいる様子でした。その中で私は『鰯』に
ベイトを絞り釣行を開始する事に決めました。何故鰯なのか?他のベイトでも問題はないのですが、サーフドライバー110Sを使う上で使いやすいエリア(河川河口・サーフ)とレンジ(ミドルレンジ)までで狙えるベイトと考えると、鰯が一番良いと思ったからです。
『狙いのタイミング』
ではどのタイミングで狙っていたのか!これは一番ベイトに左右される事なのですが、一番多かったのがマズメのタイミングを狙っての釣行です。鰯がショアに一番接近するマズメのタイミングは、ターゲットの青物との距離も一番短く、狙える射程圏内に入る可能性が高いので他のタイミングよりも多く釣行をしました。
『狙い方』
狙い方はいたって簡単通常のリトリーブで十分OKなのですが、狙いのターゲットがどこにいるのか分からない、また他のアングラーと並んでの釣行の時などはリトリーブスピードに強弱をつけると良いです。リトリーブの強弱の間でルアーが強くフラッシングし捕食を誘発させるため広範囲を狙うのに効果があります。またベイトが固まっている時などに有効なのが、ルアーが着水しその場で強めのトゥィッチを入れポーズさせる事で、密集しているベイトの中でピンポイントでルアーを目立たせ、フィッシュイーターにバイトさせる的を作る事で多くの反応をキャッチした場面もありました。
『カラー』
ルアーのカラーは意外と差があり、マズメを絡ませるタイミングでは、私は主にピンク系のカラーを使用しました。他のナチュラルカラーなども使用しましたが、個人的にルアーに対しての反応が違うと感じました。デイゲームなどの時には、ナチュラルカラーが良い時もあるので試してみるのも良いと思います。
『何故ザブラサーフドライバー110Sを使うのか!』
最後に私がザブラサーフドライバー110Sを使う理由として一番なのが、モンスター級の青物を身近なショアから狙いたいからです。ジグや他のルアーでも狙えますが、サイズとキャッチ率を意識して狙うとするとやはり私はザブラサーフドライバー110Sを選択すると思います。皆さんも身近なエリアではコンタクトできる青物を狙ってみてはどうでしょうか。
ルアーザブラサーフドライバー110S
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ