トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

コンディションで見極めるアイテム選択

2019年12月下旬

山形県港湾

佐々木 翼

11月下旬より秋田の県魚であるハタハタの産卵接岸でショアは賑わいを見せる。その後、落ち着きを取り戻し始め山形へと南下し、ようやくメバルモードへ。しかし今回は山形県でのメバル探索。荒れと北からの強風で磯はほぼ封じられ港湾で狙う良型メバル。
やはり良型を狙うにはそれに伴うファクターが必要となる。磯場が隣接して砂地が多くても豊富な藻場があることや、潮流の呼吸があることで港湾でもアベレージをあげるファクターと考え、狙うレンジに合わせてアイテムをチョイス。
水深1mから2m弱に藻の高さを含めて狙うレンジは50cm前後。そしてキャストアングルを風向に合わせてアゲインストで低空を突き抜けるアイテムを選択。ここで当てはまるのはサイレントなリッジ56Sかブリブリ波動のリッジ43シリーズ。
まずは魚の活性を確認をするためナチュラルな演出のリッジ56Sを使用し誘いだすと20cm前後の小型がショートバイト。キャッチしても全てテールフックにバイトと低活性追尾型個体と言った感じ。
リッジ43では反応悪くショートバイトのみ、そこでリッジ56Sをメインに使用して探ると時々混じる25cm前後。最大27cm弱と、このエリアの港湾でこのサイズは十分満足サイズ。
悪天候の条件下でコンディションから見つけるアイテム選択での釣果と考察し、また次に活かしていこうと思います。これからさらに厳寒期の釣りとなります。安全第一にコンディションを見極めいい釣行になりますように。
ルアーリッジ56S
ルアーリッジ43
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ