トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

北風に心をときめかせながら

2020年1月

長崎県

峯 真宏

暖冬で暖かい日が続いておりますが、時折吹く北風に心をときめかせながら釣行しております。

先日入った磯は、いわゆる激流地帯。川のようにゴウゴウと潮が流れ、そこに強い北風の波が重なって、薄いながらもサラシを作り出していました。
3投目。風と潮に乗任せてドリフト気味に流していたザブラミノー 135Fブーンを何かが引ったくっていきました。ヒラスズキにしては強い引きであること、竿を叩くようなファイトからマダイであると思い、身切れよりもフックを伸ばされてしまうことを考え、ドラグを緩めたりクラッチを切ったりしながらファイト。60cm強の中型マダイでした。
そして、さらに数投後、足元の薄いサラシの払い出し。今度は、さっきよりは引かないけれど、なかなかの引き。跳ねないので、またもやマダイ?と思いきや、見えた尾びれはヒラスズキのもの!ちょっと手こずったものの、なんとかランディング成功。80cmオーバーで体高のあるかっこいい魚でした。
逆風をものともせずポイントに届くザブラミノー135Fブーンは強い味方です。
ルアーザブラミノー 135Fブーン
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ