トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

「久々に落ち着いた男鹿の海」

2020年3月下旬

秋田県男鹿

佐々木 翼

久々に落ち着いた男鹿の海。波も静かながら潮も緩くのんびり磯をあちこち探し回り、潮が動き出すタイミングで潮の向きがいいポイントを選択。今の時期ハタハタの稚魚が動き出しているので、深場を狙いたいところだが立ちたいポイントには多魚種狙いが。稚魚パターンを諦め岩礁の多い藻場のポイントへ移動しリッジ43SSとリッジ43Fをチョイス。ストラクチャーの隙間や少しカウントダウンさせてタイトに狙うときにはリッジ43SSを使用し、シモリの多い藻の上をトレースしたい時にはリッジ43Fを使用し、リトリーブスピードでレンジをコントロールし探っていく。
大型個体には出会えないが、中型個体までは数釣れ楽しませてくれます。
これからの回遊個体も含めて大型個体の数釣りが楽しめる時期になります。時期的な食性パターンも合わせプラグチョイスして楽しめると思います。
ルアー1リッジ43SS
ルアー2リッジ43F
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ