トップ > フィールドレポート > スタッフレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

秋田乳頭温泉郷源流沢イワナ

2020年4月上旬

秋田県乳頭温泉郷

佐々木 翼

4月になり春らしい雰囲気が出始めたものの乳頭山はまた50cmほどの積雪。今後は気温も上がり雪が消えるのも早いでしょう。山間部を流れる沢も雪解けで豊富な水量、魚たちも流れつく虫を待ち伏せ淵や流れに出始めている。
まだまだ動きは活発ではないものの、越冬した姿はまだ少し黒く逞しい冬の姿をしている。これから春に向かい少しずつ鮮やかな色を取り戻す様子を楽しみに沢を巡りたいところ。
同じ地域でも沢によって体色も違い、沢を変えて色違い個体のイワナを釣るのも楽しみの一つ。そして使用アイテムはリッジフラット45S、スレさせないように暗いナチュラルカラーの漆黒ヤマメIIをチョイス。
水温が低いせいかチェイスに勢いがないので、間隔を少し長く間を作り少しシャープなトゥイッチで食いの間をしっかり作り誘いだすと、岩陰からユラッと現れてバイト。
黒くサビつきながらも斑紋の鮮やかさに春の訪れを感じさせてくれます。雪が溶けて動物たちの動きも活発になる時期、熊の出没にもこれから気をつけていきましょう。
ルアーリッジフラット45S
カラー漆黒ヤマメII
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ