トップ > フィールドレポート > ユーザーレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

不思議なルアー

2021年4月12日

長崎県島原市の漁港

P.N ひろぽん 様

今年はメバルの状況が非常に悪い。
例年ならば20cmオーバーが普通に釣れる時期なのに、今年は全く良型のメバルが釣れません。
小型メバルのライズが時折見られますが、アミを食べているのかワームには反応が鈍い。
匂いつきのワームを使っても食ってこない。

この様な、ライズは見られるのに全く釣れない時の最後の手段が、ザブラゾエアリプル45F。
ファットなタイプで殆ど潜らない、一見すると理解しづらいルアーですが、アミパターンには物凄く強い。
この時も、ワームにも細身のルアーにも反応しない小型のメバルでも、ザブラゾエアリプル45Fを投げ、少し巻きピタッと止めるだけで、メバルがバンバンとアタックしてきます。
表層から飛び出るメバルも。10cmに満たないメバルも釣れてしまいます。

ザブラゾエアリプル45Fは本当に不思議。
ルアーを投げているというよりも、アミの塊を投げていると言う感じですかね。
他のメバル用ルアーとは一線を画するルアーだと思います。
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ