トップ > フィールドレポート > ユーザーレポート >

FIELD REPORT フィールドレポート

秋、ひさびさの

2021年10月5日

石川県の河川

P.N 鯉 des Garcons 様

爽やかな晴天続き
そろそろ今年のモズの鳴き声も聞き慣れたころ。
昨年はコロナ禍があって川へ見に行けず。
今年はようやくいつもの川へ出向くと
藪が自分の身長をはるかに超える高さに。
暗い夜。一人藪をかきわけ川へ出ると
鮎たちが浅瀬で産卵の準備か、群れをなしていた。

この群れの中から弱ってこぼれた鮎を
チャラ瀬を下った先で待っているだろうと
ザブラシステムミノー139Fを早い流れに置き
そのチャラ瀬の先に送りこむように流し込む。
しかし反応はない、
ただそこから群れがいるところに回収する時にチェイスが見えた。

これは流れてくるのを待っているのではなく
群れに突っ込んで捕食しようとしていると仮定。
早い流れのそば、浅瀬の群れの少し離れたとこに弱った演出でチョンチョン待つと
流れの中から見ていたのかたまらず突っ込んできた。

川ならではのガッツリ捕食で強烈なファイトを味わえました。
ザブラシステムミノー139F、この時期欠かせないアイテムですね。
フィールドレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ